クレヨンしんちゃんの放送案を考えてみました。
詳細は追記へ
ちなみに勝手な妄想なので、番組や漫画とは一切関係ありません。
ただの、想像なので
ご自由にどうぞ。
---------------------------------------------------------
放送は現実世界とリンクして、お盆休み付近。(特に放送日や放送年は指定しません)

お盆休みの一週間前の日曜の昼下がり、突然電話がかかってきた。
相手は、よし治。墓まいりにほとんど来ないから怒っているのだ。
しかし、遠すぎてそんなお金の余裕がなく行けないと嘆くみさえ。お金がないならわしが払う、当日に迎えに来ると言い残し電話を切られた。
当日家によし治が家に到着。到着後お茶を入れようとするが、もう出発するという。いざ出発しようとすると、いきなり電話がかかってくる。みさえが家の電話にでると、なんと銀の介だった。銀の介もまた「はかぁーまえーりに連れて帰るんだがら、そっちゃさいくっべよー」と電話でいい、家に押しかけてきたのだった。
するとよし治と銀の介が鉢合わせになり、どっちの墓まえりにいくのか喧嘩がはじまった。
しんのすけがもってた紙相撲セット(相撲不信のパロディ?)で、紙相撲で対決することになり、よし治は相撲取り、銀の介は水着のおねいさんでやることになった。よし治はそのハレンチさに不愉快になり、銀の介はそれを茶化す。
両者は互角に戦ったが、よし治の相撲取りが、負けそうになり、火に油を注ぐ形で、よし治の相撲取りが倒れたが、理由が以下の案。

1、夢中にみていたしんのすけの手か頭か顔面に、相撲取りがあたり、相撲取りが倒れた。
2、しんのすけが相撲取りに息を吹きかけて倒れた。
3、しんのすけが使用者の耳元に息を吹きかけて倒れた。
4、その他(しんのすけ以外でも構わない)

今のはダメだとして、紙相撲そっちのけで、今のはセーフかダメか、さらに口論になった。
こっそり近寄るひまわりが、手で踏んでしまい紙相撲セットが潰れる。
潰れる音が聞こえた皆が、見やると、今までいったい何をしてたのか、皆は笑いに包まれた。
両家に旅費を年金や貯金でおごってもらい家族全員で両家の墓の線香をあげに行く大旅行へ。飛行機から地上へ手をふり終わり。

----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ:同人 - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/06/20 06:29 】
マンガ・アニメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<自作のピアノ曲 | ホーム | 五目並べの珍棋譜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tamanimuteki.blog111.fc2.com/tb.php/93-378432cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |