黒の龍
黒の龍

心の中に棲む獣が僕のココロを食べた
司る者の子守唄 Βασιλεύςが歌う

闇がココロを支配する
Βασιλεύςに吹き飛ばされた
目を隠しながら 掻き毟られた
目覚めた悪が 聞こえてきた

大きな光が怖かった
闇夜に灯を逃げてった
ヒトのゴウが見えてきた
海底の奥に引き込まれていくよ

気がつかないほど爪を持ってた
血が染み渡る真っ赤な海で
魚を護る為に
黒い羽が生えて hēilóngになった



謎な詩(汗)
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2008/12/11 03:41 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< | ホーム | 空のうらがわに>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tamanimuteki.blog111.fc2.com/tb.php/8-d4fafd7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |