New Gulimフォントで日本語の面白さ
New Gulimというフォントの、日本で使われる通常のフォント番号で、強制的に面白い字が自動変換で、でるのですが・・・・
自分は中国の音楽サイトに行った時、デフォルトでNew Gulimという書体になっていました。
しかも旧字体がでたり、変な書体がでるので面白いのですが・・・
日本人向けのフォントではないのでバグる可能性があるので自己責任で気をつけて。
どんなのが出るのは続きから。


「こよう」の「雇」

「やいば」の「刃」(なんかついてる?)

「うみ」の「海」(古いサザエさんの海山商事の看板)

「うめ」の「梅」(母の字?)

「じょうほうしょり」の「情」(青いがへん)

「ぐんたいのたいちょう」の「隊」(右が分みたいになってる)

「かみさま」の「神」(祖谷渓谷だ本当の示すへんwwwwww)

「いぬ」の「犬」(ちっちゃい犬)

「かつ」の「勝」(なぜか「はたのけいしをもつぐ」UCS-06995になってる(月が月ではなく斜線))

「ところジョージ」の「所」(長ぼっそい)

「さむい」の「寒」(点々がカタカナのン)

「かざん「ばい」」の「灰」(BLEACHのうなれ灰猫で気づいた、なんか飛び出すぎw)

「あくたがわ」の「芥」(介が本物みたいに)

「ぼうけん」の「冒」 (本当に旧字体みたい)

「ゆうよ」の「猶」(これも八だ」
他にもあるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:無駄知識 - ジャンル:サブカル

【2011/01/31 21:35 】
トレビア | コメント(0) | トラックバック(0)
<<歌劇椿姫より第一幕「乾杯の歌」La Dame aux camelias | ホーム | 残酷な天使のテーゼピアノソロ ゆっくり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tamanimuteki.blog111.fc2.com/tb.php/71-7d24871a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |