金環日食(詩の題名です)
長いし、最初はナ〇フという伏字や自分が体験した内容があったのですが、言葉をかえました。
一応言っておきますがあくまでも詩にかわりありませんが、暗い影を持っている人、グロテクスを嫌う人、今現在でも自傷行為をしている人、18さいになってないかた、はみないでね、私には責任はありませんよ。

ちなみに短縮しすぎた詩が一つありますが、自分の書いた変な詩のどこかにある「黒の龍」ですよ。(こっちは意味が分らない詩になってます)

あと、天体現象の金環日食とは関係ありませんよ。

「金環日食」の本文をみたい方は続きを。


また それを覚えていますか?

「金環日食」

私はそれに悩まされた
涙止まらなかった

自分の過去の国
私は何を知ってほしくない?

これは中心部に住んでいた私のココロを食べた
ヘイロンが歌います 

闇の心臓に影響を与えます 
ヘイロンに 氷解していた 
一方 目を手で覆いたくなるほど 心の柱が破れていた 
悪は 私に起こされた 私は知られていた

大きな光を恐れていた 
私は 暗い夜の明かりを逃れた
私は ホモサピエンスを目にすることができた 
これは 海の底のどん底に描かれている 

ヘイロンは通知しないようくぎをしていた 
明るい血の海では血中に吸収
魚を保護するために
黒い翼に成長したことがあります 私は時間になりました

ココロのメモリに記憶します
私は自分の頭を吸収する
私は音楽の痛みになる

なぜこの心をつかむ
また 毎日変動することができる 私はそれを使う
私は自分の眼と未完成の部屋に戻って閉じてください
霧で私は靄になっていない場合でも時間が過ぎる
霧では いつ と明確にされていないことだ

その前に ココロが乾ききって食に餓え 血を流すのを許している

私は涙をふき取る
また あなたはそれを忘れですか?

一日のまぶしい太陽の光
クマ重まぶた
また 新しい朝のあいさつをした

私はあまりにもすぐに忘れてしまった
また それを覚えていますか?

しない限り 私はそれを覚えています 考え中・・・

言葉ではないのです、鎖。

スポンサーサイト

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2010/12/26 12:36 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<XPでMIDI音源MSGMは飽きた人へ第一話 | ホーム | パソコンのキーボードの同時押し数。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tamanimuteki.blog111.fc2.com/tb.php/48-77f61cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |