スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
茨、荊の棘道
茨、荊の棘道

通りかかった道を一人 歩いてみた
小さな小さな道を一つ 歩いてみた

手を振りかざした時に 遠く続く道
遠くまで 近いような 続く狭い道

舞い降りた 緑の木々が 土に被り
いき行く 続く道の住宅も 蔦になった

続くこの土の道 忘れ去られたような
藪の道が荊となり 棘になったけれど

広がる 茨の道が 灯る光持つことなく
囁かれ 棘の道が 話されることなく

聞かれることもなく
何も見えないような

理が見えない 自然とぶつかり
孤独の劣勢に 立たされて
見えない 深海のような 

細いロープで綱渡り 命知らずの道
遠い昔を思い浮かべ 針山の狭い道

明るい町並みに 現をぬかされて
遠い記憶の道を 遠い記憶の果て
聞こえてくる 逃げ出す人々の声

街は既設を嫌てる 大木で塞げた道 

みちしるべ ばつになる
あかじるし しろになる
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2008/12/11 04:20 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tamanimuteki.blog111.fc2.com/tb.php/12-bd36624c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。