スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
人を模した紙のCMについて
人を模した紙が使われてるCMについて。
1998~2003年ごろに見たあるCMが気になります。
そのCMの情報を持ってる人や、
CMタイトルの名前と会社名を知ってる人は
コメントで教えてください。

それは人を模した紙が二つだけ並んで
踏み切りの音とともに
2秒に一回という文言があったと思います。
小学生当時、
姉しか個室を与えられず姉の部屋に忍び込んで見てて
急にもようしてきて、
テレビをつけたままトイレから帰ってきて
ドアを開けた瞬間に映ってました
恐怖で愕然としました。
その映像を最後まで傍観するしか無かったです。
当時TVで心霊と言えば
本当にあった怖い話のような再現映像ではなく、
本物(現物)の映像や
心霊写真を使った内容の番組を頻繁に流していたので
それが原因で呪われたのかと思いました。
しかし数週間後同じ時間帯にたまたまかかってたので
そういうたぐいじゃないことが分かりました。

見たかった番組のチャンネル「ではない」
チャンネルでかかったので
実際のチャンネルは分かりません。
CMを見たチャンネルも憶測にしかなりませんが
「西日本放送」か「瀬戸内海放送」だと思います。

見たかった番組は「山陽放送」でかかってる
「CDTV」「ランク王国」で
(ランク王国はのちに遅れネットが外れ放送終了)
土曜と日曜を跨いで24時58分に始まり
そこから推測すると
CMを見た時間が大体24時45分~58分の間です。


見た地域は香川県です。
見た放送局は瀬戸内海放送か西日本放送です。
見た日時は1998年~2003年頃、
日曜(土曜)深夜24時45分~26時10分程度。
お願いします。

当時山陽放送でかかっていたランク王国や
山陽放送のプルルンが使われた
陽気なクロージングを見るのがとても好きで
中学生になるまで
紛れも無く深夜のTV番組を
見れなくなりましたが・・・



*補足。CDTVは当時は55分からでした。
よってCMを見たのは45分~55分の間です。
スポンサーサイト

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2017/07/24 06:33 】
動画 | コメント(0) | トラックバック(0)
君への階段
君がくれた魂が無くなったの
前世の君と後世の君が
良く似てるよね

肩を叩き君の後世を乗っ取る
涙もなくなって 濃霧の中で歩き
獣みたいに足跡をつける

代わる代わる
万華鏡のように輝く
銀河のビーズを集めて
宇宙に日記を残そう
魂が軽くなるように

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/16 03:09 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
徳島県の秘境の温泉
ツイッターのほうがメイン投稿になりつつあるので
久しぶりの投稿です。
先日、クレヨンしんちゃんでエレベーターで止まるはずの階が
止まらないという話をみました。
その話を見ていると思い出したことがあります。
徳島県の温泉に頻繁にいくのですが、そこはホテルつきの温泉で
温泉とホテルが分かれた建物にあります。
温泉の建物でエレベーターに乗っているときの出来事です。
小学生の頃に初めて1人で乗ることになりボタンの操作方法が分からず、
「温泉客が頻繁に乗降する」事と、「一階か二階しかボタンが無い」ので勝手に動くと予想して
何もしないでいると突然動き出し、1階を通り過ぎてあせりました。
地下は無いから1階で衝突して「これでもう死ぬんだ」と走馬灯が起こりました。
すると扉が開き、ボタンが無い階に到着しました。
到着するとまっくらな部屋で縦長の廊下みたいな所に到着しました。
なぜか大型のキャスター付のタオルバスケット1つだけポツンとありました。
奥をみようとしても、向こう側まで見えないトンネルのように
どこまでも続いてるように思えました。
扉が勝手に閉まるとまた動きだし客が乗り込みました。
それが異世界に行く感覚で不思議で堪らなくて
小学生のガキの頭ながら従業員にバレないような方法まで編み出しました。
・必ず二階で止まる。二階で何もしない。一階だとロビーな為目立つのを回避。
・何もしないで止まっていて、止まっている階で客が乗り込んでくると
今ついたように出てごまかす。
・何もしないで止まっていて、動き始めると止まった階が1階であるなら
そこで降りる。ごまかすために1階の椅子で5分間ぐらい休憩しまた乗り込んで二階を押す。
・一度地下に行ったら気が済むため、めったに無いが従業員に注意を言われたら、
「エレベーターのボタンの使い方が分からなかった。」などとごまかす。
(一連の裏技が通用するのは無垢な小学生ぐらいです。)
親が好きな温泉だっため頻繁に訪れるために、
ある日地下から乗り込んでくる人が居ました。
何も言わない仏頂面のデブ男で恐怖を覚えて顔が見えたとたん
恐怖で叫びながら急いで閉めました。
それ以降親と乗るか自分だけだと階段で行くことにしました。

テーマ:怖い話 - ジャンル:サブカル

【2017/07/01 23:12 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。