君への階段
君がくれた魂が無くなったの
前世の君と後世の君が
良く似てるよね

肩を叩き君の後世を乗っ取る
涙もなくなって 濃霧の中で歩き
獣みたいに足跡をつける

代わる代わる
万華鏡のように輝く
銀河のビーズを集めて
宇宙に日記を残そう
魂が軽くなるように
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/16 03:09 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
宝島の空耳
まったく雪が降るほど、季節外れですが・・・w
下の歌詞は自分の空耳なので気にしないでください。

続きを読む

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2012/01/25 10:12 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
おぼんのおはかまえり
おぼんのおはかまえり

げんきをだして、
げんきにてんごくのおばあちゃんをみにいった
すこしさみしくなったけど
ぼくはりかいしないまま、いままですごしていました。
げんきよくえがおおつくってたけど
ぼくはじつはとてもさびしかったです。
さようならなんていったからもうだいじょうぶだよね
さよなら、ばあたのしかったよばあ。まだいるなら
てんごくにはやくいってね。

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

【2011/08/27 03:34 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
波飛沫(なみしぶき)
誕生日記念です。

夕方6時ぐらいから作りました。
(作るの遅すぎ堪忍な!)
あなんかまた変なリズムが・・・

でもトンだ一番恥ずかしい作品で
(だめだこりゃ はずかしいよ)
続きを読む

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

【2011/07/27 20:22 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
たなからかわのながれ
たなからぼたもち もっちもち
おもちがべっとり あたまについて

ひっついたー ひっついたー

ぼたもちついた しびれるいたさ 
ぶしのなみだ かおがおもしろ

ふくわらいー ふくわらいー

あわててかわにすっとんだ
かわのながれにうちまかせ
かわにながれておきへでた



わらべ歌風?

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2011/01/25 02:19 】
自分の書いた変な詩 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ